臭いのもとはムダ毛にあり|デリケートゾーンの手入れ

ヒップ

小陰唇の縮小化

小陰唇が肥大化していると、生活に支障が出る場合はあります。そんなときは手術などで縮小し正常な大きさに戻してもらいましょう。大阪には腕の良いクリニックが多いため、少し探せば良いところが見つかりやすいです。

困る女性

気になる臭いの解決法

コンプレックスの一つにあそこが臭いということが挙げられます。これは普段から清潔に過ごすことで匂いを極力抑えることができます。また、使用する石鹸なども大きく関係します。

笑顔のウーマン

小陰唇肥大の原因

今まではサイズに問題がなかったのに、急に小陰唇が肥大してしまうということは多いです。そんな小陰唇肥大の原因は、ホルモンのみ誰が原因だという説や加齢が原因だという説もあります。

ムダ毛処理のために

レディ

女性にデリケートゾーンであるVIOラインの内、Iライン(会陰と呼ばれる肛門と性器までの場所)とO(肛門周りの部分)のラインは非常にデリケートな場所です。そして、そんなデリケートゾーンは痒みや臭いが気になることが多いです。その理由は、ムダ毛です。ムダ毛があると、その付近の場所の湿度は大きく上がります。そして湿度が上がることで細菌が発生しやすくなり、悪臭およびかゆみが発生します。多くの人が誤解していますが、汗の匂いというのは実際には汗ではなく、汗によって発生した細菌が分裂する時に発生するガスが原因です。
このムダ毛によるムレのせいで痒みや臭いが発生し、人によってはその臭いがきつくなることがあります。しかし、逆にいえばムダ毛さえどうにかすればそのムレは大幅におさえることができ、臭いも痒みも大幅に減ります。よって、まずはムダ毛の処理を行いましょう。そんなムダ毛の処理方法ですが、一番確実なのが直接剃ることです。しかし、IラインはともかくOラインは目で見るのが難しく、非常に剃るのが怖い場所です。よって、サロンなどで処理してもらうのが最も良いのですが、人によっては見せるのが恥ずかしい場合があります。そんなときは、石鹸を変えてみましょう。デリケートゾーン用の石鹸というのが世間では販売されており、その石鹸を使うことで抑毛効果を得ることができるため、ムダ毛の処理後に石鹸を使えばムダ毛の発生リスクは減る他、デリケートゾーンを清潔にすることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加